本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

土曜訓練~~新しい仲間とのはじめての調理訓練~~

2019-04-16
 ワークセンターひょうごでは、平日は就職を目指して職業訓練を行い、また、土曜日には生活力の向上を目的としたプログラム(調理、PC、創作活動など)を提供しています。今回は、4月13日(土)に「調理訓練」を行い、その取り組みを紹介いたします。
 まず、今回のメニューですが、焼き飯とデザート(バナナといちごのホイップクリーム添え)になりました。本当はスープも作れたら良かったのですが、新しい訓練生も多く、調理器具に不慣れな方もおられたため、今回は2品にしました。
 前日には、各グループから買い物担当が職員とともに、近所のスーパー等で食材を購入しました。訓練生中心に食材選びを行い、キャラクターの絵柄が書いてあるホイップクリームなどお気に入りの物を購入し、調理訓練当日に向けて準備を行いました。また、調理訓練当日までに、包丁の取り扱い方を訓練生のみんなと一緒に学びました。「食材を切る時は、ねこの手で!」とか、包丁を運ぶ際は、ケースに入れて「包丁通ります」と声をかけるようにしましょうなどいくつかの注意点を確認しました。
 いよいよ調理訓練当日です。新しく仲間に入られた訓練生16名を含めた29名の訓練生が参加しました。各自が用意したエプロンとバンダナを身に付け、スタンバイ完了。その後、5つのグループに分かれ、午前9時すぎから焼き飯づくりに取り掛かりました。
 まずは、下ごしらえからスタートです。各担当が、玉ねぎとにんじんの皮むきからみじん切り、卵を溶く作業、ベーコンを切る作業などを順次行っていきました。包丁を使う際は、「猫の手」などと声かけしながら、慎重に作業を行うことができました。また、包丁を洗いに行く際も、ケースに入れて「包丁通ります」と言いながら、安全確認を行い、刃先に気をつけて洗うことができていました。
 下ごしらえと調理器具の片づけが終わった後、いよいよ炒める作業です。各訓練生がそれぞれの炒め加減や味付けで調理をしていました。中には、ベーコンをカリカリに炒めたり、醤油を焦がして風味を付けたりする方もおられ、各訓練生がオリジナルの焼き飯を作っていました。焼き飯と同時進行でデザートづくりも行い、11時30分ごろには、焼き飯、デザートともに完成しました。その後、訓練生みんなで焼き飯とデザートをいただき、後片付けを行った後、12時30分に調理訓練を終了できました。訓練生同士が協力し合い、調理という1つのことを成し遂げ、みんなで楽しく食事をされている様子がとても印象的でした。
 最後に、調理訓練の経験が、訓練生一人ひとりの自信につながるとともに、社会人として大きく成長される上での一助となることを願いつつ、今後も継続して行きたいと思います。

ようこそ、ワークセンターひょうごへ!

2019-04-16
 春になり、ようやく気持ちの良い季節になってきました。
4月1日、ワークセンターひょうごでは午後から平成31年度入所式・始業式を執り行いました。今年度4月利用開始の新入生は16名。昨年から在籍している先輩訓練生も含め、今年の決意表明を一人ずつ順番に発表してもらいました。皆さん緊張しながらも元気よくそれぞれの思いを発表することができていました。
 
また、4月2日~5日にかけて、新入生オリエンテーションを行いました。
内容として、ワークセンターひょうごの説明、センター内でのルール、事務所への入退室の練習、遅刻・欠勤時の電話連絡方法、その他職場で必要なルールとマナーを学んでもらいました。
講義の一コマに、「自分に合った働き方を考えよう」というシートを用いて、現時点でご自身が希望する労働条件を挙げてもらいました。
明確にやりたい職種が決まっている新入生もいれば、「今はまだわからない」と就労に関するイメージが湧いていない方もいました。
また「ジョブコーチ支援制度」については、ジョブコーチである頼安支援員から直接説明をしてもらい、就職後の支援について学んでもらう機会を設けました。
 この他にグループワークとして、「あなたのことを教えてください」というシートを用いて各自自己紹介をしてもらいました。相手のことについて気になったことをたくさん質問されている場面がみられました。
 ワークセンターひょうごは就労移行支援事業所のため、新入生の方々はこの2年以内に就職を目指すことになります。ぜひとも自分に合った企業へ就職していただけるよう、支援員が一丸となって全力で支援していきたいと思います。

第2回 ワーク・ジ・エンジョイ

2019-03-25
第1回を12月に開催した「ワーク・ジ・エンジョイ(就労定着支援事業の交流会)」、今回は3月10日(日)、諏訪山公園でピクニックを予定していました。
しかし、週間天気予報では日曜日はあいにくの雨…担当者でどうしようか考えた末、近くの相楽園に行くことにしました。
当日は雨の中、10名の卒業生が待ち合わせ場所の県庁前駅に集まってくれました。幸い、雨はそんなに強くなく、傘を差したり差さなかったりのお天気でした。相楽園はほとんどの人が初めてだったようで、園内を散策し、あずまやでお弁当を食べました。そのあと少し時間があったことと、そのときは雨が止んでいたこともあり、当初予定していた諏訪山公園まで歩いて行きました。少しの時間でしたが、キャッチボールをしたり、フリスビーをしたりして楽しみました。
次回は天候に左右されないプログラムを計画した方がいいかなと考えています。来年度も年に4回、楽しい交流会を企画しますので、みなさんぜひご参加ください。

神戸市立中央図書館 体験実習

2019-03-20
今回は、訓練生2名で体験実習に臨みました。
場所は、神戸市立中央図書館です。広い敷地内にたくさんの本が並び、種類は多岐にわたります。開館時間を前に多くの方々が列をなしていました。
実習では、1日のスケジュールを自分で時間を確認しながら作業を行います。
まず、本棚にある本の並びを整理する作業を行いました。本の「背」にはラベルが貼られており、同じ内容の本が集まるように分類されています。そのラベルを見ながら、順に並べていきますが、数字やアルファベットの並び順を覚えることに苦戦・・・しかし、慣れてくると綺麗に整理されていくことが嬉しく、楽しくなってきます。
次の蔵書点検では、倉庫にある本のバーコードを読み込み、本棚に戻す作業を行いました。
訓練生のひとりは、本が大好きで将来は図書館で働きたいと話し、今回の実習に強い意欲を持って臨んでいました。実際に、図書館での仕事に触れることができ、「嬉しいです。」や「ここで仕事をしたいです!」という思いを聞くことができました。やりたいことや目標があることはとても素敵なことですね。その思いや意欲を応援したい!と感じました。
実習を通して、今までは知らなかった本の並び方、初めての接客業務では利用者様と関わることができ、緊張しながらもスタッフの方々の力をお借りしてチャレンジすることができました。ご協力いただきました中央図書館の皆様、誠にありがとうございました。
そして、体験実習に参加された2名の訓練生、お疲れ様でした。

中部地域ネットワーク会議開催 ~教えて就活!~

2019-02-16
1月29日に第3回中部地域障害者就労推進ネットワーク会議を開催しました。この会議は、中部地域の就労支援機関の支援力アップとネットワーク作りを目的とし、年に3回行っています。今回は就労を目指している方に対し、実際に働かれている当事者や就労支援機関の担当者を招いて個別相談会を実施しました。テーマはズバリ『教えて就活!』です。
 
この相談会の特長は、相談ブースを個別に設けることによって、緊張することなく、気軽に質問ができることです。大きなセミナーでの質問や就労支援機関に自ら行くには勇気がいると感じたことってありませんか。そんな悩みや要望にお応えしました。
個別ブースは、支援機関であるハローワーク、障害者職業センター、就労推進センターに加え、当事者ブースを設けて実施しました。
 
当日は29名の方が参加されました。
開会と同時に各ブースで相談が始まりました。会場はなごやかな雰囲気で笑い声も聞こえました。参加された皆さんはリラックスし、普段は聞けない質問が溢れ出てきたようです。
中でも一番人気は『当事者ブース』でした。ご出席いただいたMさんは、障害をオープンにして転職をされ、今の会社で働いて約1年。身近な先輩として、皆さんからの素朴な疑問や不安に対し、ひとりひとり丁寧にお答えされていました。
閉会後、Mさんに感想を伺うと、「質問にちゃんと答えられたのかが不安です。たくさんの障害者の方とお話しする事ができ、私の方が元気をもらいました。」と晴々した表情で話されました。また、参加者アンケートでは「知りたいことが具体的に聞けてよかった。進め方の見通しがたった。悩みを聞いてもらい楽になった。自分に合う仕事を見つけようと思った。」などの感想が寄せられました。
 
今回の相談会が、皆さんの就職活動に活かされることを願っております。
神戸市障害者就労推進センター
〒652-0897
神戸市兵庫区駅南通5丁目1番1号
TEL.078-672-6480
2019年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る