本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

親亡き後のライフプラン 講演

2018-03-27
2月28日(水)、今年度第3回目のワークセンターひょうごのOB家族会「ファミリー会」を開催いたしました。今回は勉強会ということで、ファイナンシャルプランナーで終活アドバイザーの鹿野佐代子氏を講師に招き、「親亡き後のライフプラン~親が元気なうちにやっておける手続きと金銭管理~」というテーマでお話をいただきました。今回の講演は、一般財団法人 ゆうちょ財団の助成を受けて、開催させていただきました。「親亡き後」は知的障害のある子どもをもつ親御さんにとっては、大変関心の高いテーマで、今回の勉強会の参加者も45名と、通常のファミリー会よりも多数のご家族が参加されました。講師の鹿野氏は、障害福祉の分野で長年勤めてこられた方なので、具体的でわかりやすいお話をしていただくことができました。将来への不安から、ただお金を貯めていても、それを実際に使うことができなければもったいない、「お金は人生を楽しくしてくれる道具」という言葉が印象に残った、という感想がたくさん聞かれました。以下、講演後のアンケートから抜粋して掲載いたします。
 
☆「お金は使うために貯める」「お金よりつながりが大切」など、お金に対する考え方がよくわかった。
 ☆「お金は道具で、楽しく使って人生をエンジョイするということ」が良かった。
☆将来は不安ばかりが目の前にぶらさがっていたのですが、何とかなるんじゃないかと少し安心しました。お金は貯めるばかりが能ではないと感じました。
☆子どものために、どれくらいのお金を残せば良いかわからなかったのが、なんとなく目標とか目的がわかって良かったです。
☆お金を貯めないと・・・と思わなくて良いのが、すごく気持ちが楽になりました。ライフプランを立てていきます。
 ☆親亡き後の不安を解消するための、まずすべきことが見えてき
 ました。
☆親亡き後が、保護者の一番の心配の種だったので、少しお話を聞いて安心しました。何を準備したら良いのか聞けてよかったです。
☆今まで考えていなかった終活についても知れて、とても良かったです。一般の事ではなく、障害を持った人の例をあげてもらっての話なので、必要なこともわかりやすく良かったです。こういうことが必要だということが改めてわかりました。
☆親亡きあとの心配で、貯金をすることしか考えていませんでしたが、ただ残しても子どもが使えず、そのまま残ってしまう場合がある等、考えていなかったことを今日教えて頂けて、とても参考になりました。

平成29年度 第4回在職者交流会開催

2018-02-16
平成30年2月3日(土)に平成29年度第4回在職者交流会「体を動かして交流しよう」を開催しました。(前回の交流会の様子はこちら
 
今回は「体を動かして交流しよう」をテーマに、健康ライフプラザにて卓球によるスポーツ交流を行い、40名の方に参加いただきました。
 
「私たちのグル―プは温泉卓球です~。」と言われて和やかムードで楽しまれている方々、経験者が集まりプロ級のサーブ&スマッシュで白熱した試合を繰り広げている方々、勝負の行方を見守りつつ仕事や趣味の話で盛り上がっている方々など、皆さんそれぞれのペースで交流を楽しまれ、活気のある賑やかな会となりました。
 
在職者交流会に初めて参加された方も以前から参加されている方も、一緒にスポーツをすることで会話が弾み、打ち解けあって笑顔でお話されているご様子が印象的でした。
 
アンケートには、「楽しく汗を流せて健康になり、人とも交流を楽しめて良かった。」「旧友と再会でき、皆さんと楽しい時間をすごすことができた。」等の感想が寄せられました。卓球を通じて他の方との交流を楽しんでいただき、心身のリフレッシュにもなったようです。
 
今回の交流会をきっかけに、久しぶりの再会を果たされた方や、プライベートで卓球に行く約束をされている方もいらっしゃったようです。在職者交流会をきっかけに交流が深まり、皆さんの余暇がますます充実し、働き続ける活力となれば幸いです。
 
平成29年度の在職者交流会は今回の交流会にて終了となります。
今年度もたくさんの方々にご参加いただくことができました。ありがとうございました。
 
また次年度になりましたらご案内を送付させていただきますので、お楽しみにお待ちいただければと思います。

「教えて!就活」

2018-02-15
神戸市障害者就労推進センターでは、年に3回、中部地域障害者就労推進ネットワーク会議を開催しています。この会は、神戸市中部地域(中央区、兵庫区、長田区、須磨区)の就労支援ネットワークの構築や支援力の向上を目的としています。対象は中部地域の福祉施設等(就労移行、就労継続B型、就労継続A型等)の利用者とその支援者です。
 
今回は、「教えて!就活」と題し、ハローワーク、障害者職業センター、就労移行支援事業所、神戸市障害者就労推進センター、働いている当事者の方がそれぞれ相談ブースを設け、個別相談会を開催しました。当日は施設利用者が34名、支援者が13名参加されました。
 
参加者からは「ハローワークや職業センターに相談に行くには敷居が高く感じていたので、気軽に相談できる良い機会になった」「働いている方から実際の就職活動の仕方や就労について生の声を聞けて参考になった」等々の感想が寄せられました。
参加者のみなさまの就労に向けてのモチベーションアップや就職活動のヒントとなる相談会になったと思います。

平成29年度 第3回 在職者交流会

2018-01-12
平成29年12月9日に平成29年度第3回在職者交流会「話してスッキリ!解決方法発見ミーティング」を行いました。(前回の交流会の様子はこちら
 
今回の在職者交流会では、精神障害者の方を対象にした意見交換会を行いました。
 
「最近あった嬉しかった・楽しかったこと」「職場で困っていること」「ワークライフバランスをどうとっているか」「気分の切り替え方法」というテーマについて、少人数のグループでお話をしていただき、仕事の悩みに共感が得られたり、共通の趣味の話題で盛り上がったりと、和やかな雰囲気で会は進行しました。
 
参加された方々は、仕事やプライベートにおいて、さまざま悩みをお持ちですが、誰かに相談したり、趣味や運動などといったリフレッシュ方法をうまく活用したりしながら、心身の体調管理をしっかりとされ、日々お仕事でご活躍されているようでした。
 
「仕事を頑張っているから、余暇を充実させることができる」⇔「余暇が充実しているから、仕事を頑張ることができる」というように、仕事と余暇が相互に良い影響を与え合いながら生活を送っていくことが、安定した就業生活を継続していくために大切であることを参加された皆さんのお話から感じられる意見交換会だったと思います。
 
参加された方々からは、「こんな風にみんなで話すだけでストレス解消になりました。」「視野が広がった。参加して良かったです。」「また次回も楽しみにしています。」との感想をいただきました。
 
平成29年度も残すところ3ヶ月となりましたが、今年度内にもう1回在職者交流会を開催予定です。また、参加対象者の方にご案内をお届けしますので、しばらくお待ちください。

ドリーム“クリスマス会”開催

2017-12-26
12月15日(金)アフターファイブ支援事業『ドリーム』にて、クリスマス会を開催しました。
 
クリスマス会は、メンバーの皆さんがとびきり心待ちにしているイベントです。それは自分たちで作り上げるイベントだからかもしれません。街中にクリスマスソングが流れだすと準備が始まります。まず、チラシ作り、ビンゴゲームの景品選び、会場で流すBGMも自分たちで用意します。当日はお菓子と飲み物の買出しや会場のセッティングなど大忙し!ですが、これもやりがいのひとつになっています。
いよいよ開会。司会役を務めるメンバーから「今からクリスマス会を始めます!」の発声とともにスタート。今年は28名の方が参加されました。まず、みんなで食事を摂りながら自己紹介。続いて、じゃんけん大会とビンゴゲーム。アッという間に楽しい時間が過ぎていきました。初参加の方、久しぶりに参加された方、残業のため閉会ギリギリに駆けつけた方、それぞれのメンバーの方が、笑顔でクリスマスを迎えられたことを本当にうれしく思います。来年もメンバーの皆さんが元気にお仕事に取り組めるよう、働く仲間のつどい『ドリーム』を、イベントだけでなく、気軽に立ち寄れるくつろぎの場として、多くの方に利用していただければと思います。
 
(ドリームについてはこちらを参照ください▶ドリーム
神戸市障害者就労推進センター
〒652-0897
神戸市兵庫区駅南通5丁目1番1号
TEL.078-672-6480
2019年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る